Lasttrennschalter werden auch Reparaturschalter genannt, weil sie z.B. in einem solchen Fall ganze Anlagen schnell an- und ausschalten können

機械制御用メインスイッチ - 非常停止機能付ロードブレークスイッチ

安全な機械制御と人員の保護のためのメインスイッチ

メインスイッチは、機械を安全に制御するための基本的なスイッチと保護装置です。例えば、修理スイッチとして使用することができ、大型の機械やシステムのスイッチを素早く切ることで、メンテナンス作業を安全に行うことができます。または、緊急停止機能を使用して、危険な状況下で機器や作業員を保護したり、過電流、スイッチング不良、感電から保護したりすることができます。同時に、自律機械の安全で穏やかな制御、あるいは単純な手動オン・オフの切り替えにも使用されています。ところで、私たちは皆、毎日のようにロードブレイクスイッチ、つまりライトスイッチを使っています。しかし、厳密に言えば、通常は負荷のみのスイッチです。

主スイッチには、負荷遮断スイッチ、遮断器、負荷スイッチ、断路器、非常時専用スイッチなど、さまざまな種類があります。負荷遮断器は、修理スイッチまたは非常停止スイッチとも呼ばれ、これらの機能のいくつかを組み合わせたものです。これらは、一度に負荷スイッチとディスコネクトスイッチです。

負荷スイッチは、単純で何よりも手で回路を開閉するために使用される主要なスイッチをすべて記述していますが、ディスコネクト(略してアイソレータ)は、特に、高負荷時の意図しない開閉に対する保護として機能します。これらは高電圧スイッチとも呼ばれ、非常に小さいスイッチング容量を持ち、スイッチの位置は常に明確に見えるようになっています。また、過電流時にはすでに述べたスイッチング・フォルト保護も備えています。ロードブレークスイッチとは異なり、ディスコネクタはモーターのスイッチングと制御、すなわち機械制御に使用することができます。

ロードブレーク・スイッチは現在、組み合わせています – その名の通り、これらの両タイプのスイッチで、自律的な機械制御 (例)の両方の要件を満たしています。また、手動操作または手での回路の開閉 (機械やモーターのオン/オフの切り替えなど)の要求事項と同様に、短絡や電圧のフラッシュオーバに対する保護として、。このようにして、過電流から機械を保護し、同時に非常停止スイッチや修理スイッチとして使用して、産業プラントのスイッチを迅速かつ確実に切ることができます。例えば、修理作業が保留されている場合や、感電や事故から従業員を守るために。言い換えれば、機器と作業員を同等に切り替えて保護する役割を果たします。この目的のために、それらは、短絡電流の遮断、スイッチング(過電流や感電からの保護)の範囲内で機能し、モータの負荷スイッチ(オンとオフのスイッチ)として機能します。

メインスイッチの別のタイプは、いわゆるサーキットブレーカーです。他のすべてのメインスイッチとは異なり、これらはまた、大電流に適しており、これらの短絡または過負荷電流を指定された時間保持し、その後、モータや人を傷つけることなく機械を安全にスイッチオフすることができます。サーキットブレーカには2種類あり、すなわち、ACBs (空気回路ブレーカー)MCCBs (モールドケースサーキットブレーカー)です。ドイツ語では、オープン・サーキット・ブレーカーやコンパクト・サーキット・ブレーカーとも呼ばれています。ここでの大きな違いは、ハウジングです。MCCBは絶縁材料で作られたハウジングを持ち、メインスイッチのすべての構成要素を囲い込むのに対し、ACBはメイン接点を可能な限り長く閉じた状態に保つことができるように設計されています。したがって、それらは空気絶縁されており、固定設置やシャーシ(引出し可能な技術)を備えたスイッチとして利用できます。

機械制御システムにおけるスイッチディスコネクタのタスク

いわゆる電圧のフラッシュオーバーは、モータの機械制御ですぐに発生する可能性があります。これらは、いわゆるスイッチングアークに現れます。これらは、2つの通電部が互いに十分な距離を有していないか、または十分に絶縁されていない場合に必ず発生する。ちなみに、これは必ずしも2つの部品である必要はありません。一つは、例えば鉄道システムの架線からの特徴的な弧を知っています。これらの高圧線に人が近づきすぎると、電圧フラッシュオーバーも発生します。一方で、これは人の命を脅かすことになりますが、直接破壊さえしなければ、意図しない電圧のフラッシュオーバーの影響を受けた機械部品の寿命を非常に短くしてしまいます。

今、メインスイッチで電流の流れを遮断すると、ここでも電圧のフラッシュオーバが発生する可能性があります。断線時には、それらの間の距離は、効果的な絶縁のために十分ではありません。アークは、2つの接点の間にガスがある場合に発生し、これが高電圧差にイオン化され、ガスの放電がアークとして起こります。そして、これはまさに負荷遮断器が防ぐ、作業員や機械を操作するための危険性です。これは、電流の流れが途切れることによって生じたアークが、断線したにもかかわらず部品間で電流を流し続け、完全に破壊されるか、少なくとも損傷を受けるほどであるからである。

これこそが、サーキットブレーカーとスイッチ・ディスコネクトの出番です。これらは、電圧のフラッシュオーバーを防止するための適切な保護機構と、機械制御の切り替えを可能にする部品の両方を備えています。そのため、部品や人を同時に保護し、装置のスイッチングを制御することができます。

スイッチディスコネクトは効率的で多機能です。

メインスイッチは、主に低圧配電システムでスイッチディスコネクトとして使用されています。ここで、スイッチディスコネクタを設けることにより、装置の機械制御において、通常のディスコネクタを省略することが可能となる。そのため、ロードブレークスイッチは安全で効果的なだけでなく、特に小型の開閉器システムでは経済的で効率的です。

断路器に比べて安全性が向上し、短絡定格が高いネットワークでも、付属の大容量ヒューズ、すなわちサーキットブレーカーと組み合わせて使用でき、中電圧範囲の無負荷・負荷変圧器、ケーブル、架空送電線、無効電流補償コンデンサのスイッチングを可能にします。また、バスバーの連結にも使用することができる。低電圧範囲では、主な配電盤の主回路の遮断にも最適で、非常停止スイッチとしても使用できます。

ブレーカーとは別個に機器を主電源から切り離すことができるので、修理スイッチとしても知られており、膨大な時間の節約になります。同時に、ここではいくつかの別の要件を満たす必要がありますが、この機能により、メインスイッチを非常停止スイッチとして使用することができます。

主スイッチの要件は、どのような規定がありますか?

スイッチディスコネクトとして使用される主スイッチは、複数の機能を兼ね備えているため、ここでは様々な規制や規格が適用されます。ハーモナイズされたIEC/EN 60204-1, VDE 0113 Part 1は、機械の電気機器全体の一般的な規格を記述しており、主にEC機械指令の安全目標への準拠を保証するために使用されています。これらの指令の一部は、主断路器とスイッチ・ディスコネクトの規格と規制でもあります。システムや機械、その他の機器や電気部品がこれらの指令に準拠しているかどうかは、共通のCEマーキングで確認することができます。ここでも「機械」という言葉の定義が規制されています。機械の代表的な例のリストを含むIEC/EN 60204-1の附属書Aによると、機械とは、接続された部品と装置の全体であり、そのうち少なくとも1つの部品は移動可能である。しかし、機械とプラントの線引きは非常に狭いことが多い。システムはDIN VDE 0100に準拠して装備され、固定されている必要があるため、ここでの区別は重要です。

このような難しい区別を避けるために、疑わしい場合には、すべての要件を同時にカバーするIEC/EN 60204-1がよく使われています。

DIN VDE 0100と比較したIEC/EN 60204-1の追加コスト。

  • メインスイッチ(メインアイソレータ)
  • 変圧器を制御する。
  • リスクの評価
  • 指定された導体色。
  • 自動再起動の保護。
  • 非常停止スイッチの要件の増加。

したがって、理想的なスイッチディスコネクトを選択する際には、IEC/EN 60204-1のすべての関連要件に理想的に準拠していること、すなわち、主スイッチ、自動再起動に対する保護、および非常停止回路の機能を兼ね備えていることが重要です。

システムや機械などの電気機器の切断は、必ず主スイッチで行わなければなりません。そのため、必須です。サーキットブレーカーやスイッチディスコネクトは、いくつかの機能を兼ね備えているため、メインスイッチとして最も一般的に使用されています。そのため、規格も様々なIEC/EN規制で規制されています。断路器特性(デバイス規格IEC/EN 60947-3)と主スイッチ特性(デバイス規格IEC/EN 60204-1)に分かれています。最大定格16Aの機械の場合、メインスイッチは必須ではありません。その機能は、単純な「プラグイン」デバイスによって、この電力と電圧範囲で果たすことができます。

  • に於いてとオフのスイッチ位置だけを持つ必要があります
  • メインスイッチがオフ位置にある場合は、ロックも可能である必要があります
  • リリースポジションは追加スイッチポジションとはみなされず、許可されています
  • この目的のためには、主接点がリリース位置で開いている状態で、すでに絶縁特性が確保されていなければなりません。
  • メインスイッチは、リリース 位置でロック可能なものであってはならない。

当社のメインスイッチは、AC-21Aの定格電流で動作します。彼らは、産業、貿易、建築サービスで使用することができます。また、16Aから250Aまでのバリアントを取得することができる。

特に、メインスイッチをOFF位置にロックする機能は、機械のメンテナンス作業中など、作業員が誤ってスイッチを入れてしまうことを防ぐための基本的な機能です。TRIPPED位置はオプションですが、ショートなどでスイッチがトリップしたかどうかを離れた場所から識別できるという大きな利点があります。

機械制御装置は非常に個別に作られているため、取り付け面の最適な使用と主電源接続の好ましいルーティングの要件が何よりも規定されています。また、機械制御に特化した推奨取付高さもあります。ハンドルやスイッチカラーも規定されています。彼らは、それが非常停止スイッチとしても使用することができますメインスイッチである場合にのみ、赤と黄色で保持することができますし、しなければなりません。

主停止スイッチおよび非常停止スイッチとしてスイッチディスコネクトを使用する - 要件は何ですか?

スイッチ・ディスコネクトが非常停止や非常停止機能の主スイッチとして、つまりパニックスイッチ/非常停止スイッチとして使用される場合、制御回路やディスコネクトや負荷スイッチとしての機能と比較して、満たさなければならない技術的・外部的な規制があります。例えば、操作要素は赤と黄色でなければならない。一方、非常停止スイッチでない場合は、操作部の色が黒やグレーであってもよい。

メインスイッチの要件。

  • 各フィーダーには、手動で操作できるメインスイッチを1つ用意する必要があります。
  • メインスイッチが2つ以上ある場合は、保護インターロックを使用する必要があります。
  • 補助接点付きサーキットブレーカー
    IEC/EN 60947-3メインスイッチは許可されています。
  • に準拠した絶縁特性を持つ負荷ディスコネクト。
  • IEC/EN 60947-2に準拠したサーキットブレーカは、IEC/EN 60947-3に準拠した切断に適しています。
  • オンの位置とオフの位置が1つしかなく、順番に0とI
  • を明確に表示しなければなりません。
  • また、トリッピングポジションは許可されていますが、必須ではありません
  • すべての接点が実際に安全に開くまでロックされたままにすることができない、目に見えるディスコネクトまたは位置インジケータ
  • 使用されているメインスイッチが複合非常停止スイッチでない場合、外部ハンドルは赤(黒またはグレー推奨)
  • であってはなりません。
  • オフポジションでロック可能である必要があります
  • すべての能動的な導線は、その主電源接続から絶縁されていなければなりません。TNシステムでのみ、N導体は主接続から切り離されている場合もあれば、切り離されていない場合もあります。
  • 遮断容量は、他のすべてのモータおよび/または負荷の動作電流の合計とともに、遮断状態にある最大のモータの電流を遮断するのに十分なものでなければなりません。

主スイッチとして、電力で作動する遮断器を使用することができます。そして、彼らは手動操作のための装置を持たなければならない。OFF位置では、手動および遠隔閉鎖はできないこと。

非常停止スイッチとしても使用されるメインスイッチの要件:

  • 一部の機械では、メインスイッチを緊急停止スイッチとして使用することができます。
  • 非常停止スイッチとして使用されるスイッチ・ディスコネクターの制御装置はすべて赤色でなければなりません。
  • コントロールパネルの後ろに背景、つまり筐体がある場合は、緊急時に主電源切断装置を直接操作してスイッチを切ることができるポイントで黄色にしなければなりません。これも簡単にアクセスできるようにしなければなりません。

 

多くのスイッチ・ディスコネクトには、過電流や電圧のフラッシュオーバーが発生した場合に、手動で、あるいは自律的に、あるいはイベント制御でリモート・トリッピングを可能にする追加のコンポーネントがあります。このような付加的な構成要素はまた、例えば、低電圧トリップを含む

低電圧開放型メインスイッチのメリット

特に、機械やシステムの制御や労働安全の安全性を向上させるためにリモートトリップを行う場合には、アンダーボルテージリリースは大きな利点となります。多くのスイッチ・ディスコネクトがシャント・リリースで動作するのに対し、低電圧リリースは閉回路電流原理に基づいて動作します。したがって、シャント電流が流れているときだけではなく、常に(それに伴ってトリップ回路全体が)生きています。電圧が低下したり、導体の断線があったりするとすぐに、例えば、低電圧解除のメインスイッチがトリップして、回路が遮断されます。感度が上がったことによる安全性の高さは、「フェイルセーフ」とも呼ばれています。また、IEC/EN 60204-1で要求されているように、停電後の自動再起動や電圧回復からも保護します。

しかし、低電圧開放のメインスイッチには重要な欠点や敏感な点もありますが、これは補助手段で補うことができます。メインスイッチとして使用される場合、通常はスイッチの供給側の供給ネットワークから必要な電圧をタップします。つまり、主スイッチを切ってもトリップ回路は主電源として触るのは危険な電圧になっています。感電の危険性があります。しかし、これは、主スイッチに追加の2極リード補助スイッチを装備することで防ぐことができます。メインスイッチをオフにした後、低電圧解除のためのトリップ回路の大部分は、このようにして非通電になります。

また、低電圧開放のメインスイッチは、短絡からの保護にも有利です。短絡からどのようにトリップ回路を保護するかを計画する必要があります。ここで、対応するトリップ回路を備えた非常停止機能が活躍します。特に、いわゆる非常停止回路が開閉器を横切って制御盤の外に送られる場合には、短絡から保護する必要があります。ここでは、保護装置が安全に故障しなければなりません。過電流保護が作動すると開回路リリースは無効になりますが、低電圧リリースは機能し続けます。しかし、これは非常停止回路がスイッチギアキャビネットのはるか外側で動作する場合にのみ決定的です。一方、トリップ回路が主スイッチの近傍に限定されたままであれば、短絡防止の安全な配線で十分な場合があります。

短絡および積み過ぎの保護としてメイン スイッチ

過電流保護という用語は、短絡と過負荷保護という用語を組み合わせたものです。過電流保護装置は、この目的のために必要です。例えば、自動サーキットブレーカー、モータ保護スイッチ、あるいは対応する機能を持つサーキットブレーカーやスイッチディスコネクトなどです。メインスイッチは、ヒューズと比較して、ここに決定的な利点があります。ヒューズは使用する国で調達する必要があります。これは、特に国際的に事業を展開している企業や協同組合にとっては必ずしも容易なことではないため、ヒューズレス回路が好まれます。これらは関連するガイドラインでも推奨されています。しかし、電圧によっては、同じように適切なスイッチディスコネクトの代わりに、より高価値のサーキットブレーカを使用しなければならない場合があります。

B-COMMANDでは、どのようなタイプのスイッチ・ディスコネクタを提供していますか?

スイッチディスコネクトの個々のシリーズは、非常停止スイッチが黄色と赤でなければならないのに対し、非常停止機能のないスイッチディスコネクトは黒とグレーを推奨しているため、主に設置または取り付けのタイプとカラーデザインによって異なります。

お客様は3極仕様と8極仕様をお選びいただけます。10Aから320Aまでの電流定格があります。

このウェブサイトのメールフォームを使うと、かんたんにB-COMMAND GmbH宛てのメールを送ることができます。幅広い用途向けの電気技術製品を中心に製造・販売を行っています。特にスイッチ・ディスコネクタとカムスイッチは、電気工学において重要な役割を果たしています。2007年以来、いくつかのアプリケーション分野のためのメインスイッチの選択をプログラムEco-Lineで提供しています。新しいプログラムでは、すべてのアプリケーションと必要なすべての承認をカバーすることができます。Made in Germany – 私たちのこだわり。以下に紹介するプログラムのすべてのプレミアムスイッチディスコネクトは、ドイツで設計・製造されています。このようにして、私たちは、お客様のための高品質と短納期を確保しています。

Skizze der Bestigungsarten von Hauptschaltern

  • 4穴マウント。スイッチングユニットは、ハウジングまたは制御キャビネットのドアの真後ろに取り付けられています。操作部は前面に最大4本のネジで固定されています。
  • 中央に取り付けます。スイッチングユニットは、ハウジングまたは制御キャビネットのドアの真後ろに取り付けられています。操作部は、標準で22.5mmの穴が開いた状態で前面に取り付けられています。
  • 床置きです。操作ユニットは、最大4本のネジで前面に固定され、アクスルエクステンションでスイッチングユニットに接続されています。

  • DIN規格の分電盤:コントロールユニットの前面には、45mm規格の切り出しがある分電盤用の装置が内蔵されています。スイッチングユニットは、スナップオンファスナーでCレールにスナップされます。
  • 低電圧分解能:スイッチは、主電源故障後の自動再起動と電圧回復に対する保護を提供します。
  • エンクロージャバージョン:スイッチディスコネクタは、完全なソリューションとしてエンクロージャバージョンで提供されます。エンクロージャは、屋外での使用に最適であり、さまざまなプリスタンプにより柔軟なケーブル配線が可能です。

当社のメインスイッチ/非常停止スイッチは、5.3項に準拠した主電源遮断装置の要件とAC23 Bに準拠した負荷遮断スイッチの規制の両方を満たしています。さらに、10.7項による非常停止用の装置および10.8項による非常停止用の装置の要件も満たしている。非常停止および非常停止の要件には、例えば、対応するスイッチ-ディスコネクトが正開でなければならないという事実が含まれています(IEC 60947-5-1)。不足電圧解放のある開閉器については、EN 60947-1の7.2.1.3項で不足電圧解放の応答限界が規定されており、当社のメインスイッチもこれに準拠しています。

スイッチギアデバイスに関連する低電圧開放は、定格電圧の70%から35%の間の値でデバイスを開放しなければなりません。また、電圧の低下が緩やかな場合もこのようになります。電源電圧が定格電圧の85%以上であれば、装置を閉じることができなければなりません。

スイッチ断路器の応用分野

スイッチディスコネクトは、主に民間および産業界の両方で、機器や人を切り替えて保護するためのメインスイッチとして使用されています。主に電気機器の断線、短絡電流のスイッチング、負荷のスイッチング、過電流に対する電気機器の保護、感電に対する保護としての人の保護などの業務を行っています。スイッチディスコネクトは、少なくとも利用カテゴリAC-23Bに準拠している必要があります。

スイッチディスコネクトは、民間企業でも非常停止スイッチとして使用することができますし、例えば、ワークショップや趣味の音楽家の部屋で、すべてのソケットを同時にオンとオフに切り替えるために使用することができます。ガレージや作業場でコンプレッサーのスイッチを入れることも。他にも、趣味の電気屋さんのためにプロが設置した例、簡単に設置した例は数え切れないほどあります。

スイッチディスコネクト3極または4極?

当社のスイッチディスコネクトには、3極、4極、6極、または8極のバージョンがあります。どのようなバリエーションが必要かは、もちろん開閉器の要件、すなわち、すべての相の導体または中性導体を監視して切り替えるかどうかに依存します。導体の数は、どのバージョンのスイッチディスコネクトを使用する必要があるかという問題にも対応しています。

3極および4極のスイッチディスコネクトが最も頻繁に設置されています。三相交流ネットワークの目的は、高調波を避けることです。外部導体のすべての電流が同じ電流強度を持つ場合、中性導体の位相シフトにより相殺されます。しかし、外部導体の電流間にこれらの位相シフトが発生すると、高調波が発生し、中性導体に重畳が生じ、外部導体の最大値よりも高い電流強度が発生する。ライン火災の可能性があります。

また、実際には、外部導体に流れる電流がすべて同じ強さを持たず、外部導体に非対称に負荷がかかることもよくあります。この場合、中性導体には補償電流が発生します。この補償電流の電流強度は、相導体の最大電流強度に対応していてもよい。

3極スイッチディスコネクトは、中性導体を監視する必要がない場合に使用されます。これは、対称的に設計されたシステムを保護しなければならない場合です。

相導体に加えて中性導体も監視する必要がある場合は、少なくとも4極のスイッチディスコネクトを使用します。これは、位相導体に非対称な負荷がかかっている場合や、中性導体から高調波が発せられるおそれがある場合に該当します。

また、三相導体のみを監視しているが、せん断負荷時にトリップした場合に中性導体も遮断する三極スイッチディスコネクトもある。これらのメインスイッチには3P+Nと記載されています。

メインスイッチを購入する際に考慮すべきこと

  • スイッチは何に使うの?メンテナンスや修理スイッチなどの手動スイッチの場合のみですが、機械制御システムでも自律的な保護機能を持つべきでしょうか?
  • メインスイッチの電圧はどのくらいですか?250A以上の高電圧の場合は、スイッチディスコネクタの代わりにサーキットブレーカーを使用することをお勧めします。
  • 購入する前に、回路コンセプトを作成し、例えば、緊急停止回路の短絡に対する保護を計画してください。この保護は、実際にはトリップ回路がどこで動作するかによって異なります。また、外部導体の負荷が対称的か非対称的かという問題も明確にしなければなりません。これは、相導体のみを監視するか、中性導体も監視するかに応じてスイッチ-ディスコネクトを選択する唯一の方法です。
  • 作業環境や圧力や温度などの条件も考慮する必要があります! 当社のメインスイッチはすべて-20℃~50℃の動作温度で機能します。
  • スイッチディスコネクトが非常停止スイッチとしても機能する場合は、操作部を赤、背景を黄色にしなければなりません。
  • 当社のスイッチディスコネクトの認証:CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

在庫ハンブルクからいつでも利用可能なすべてのアプリケーションのための多様なタイプがあります。詳細な情報や製品例は、カタログに掲載されています。

メインスイッチが一目でわかる

4穴取り付け。

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Reparaturschalter-4-Loch-Befestigung-Einbauversion-B-COMMAND
  • 3極、4極、6極、または8極バージョン
  • 16Aから250Aまで
  • 赤または黒のアクチュエータ
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -20°C…+50°C
  • 承認。CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

中央固定

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Nockenschalter-Reparaturschalter-Zentralbefestigung-B-COMMAND
  • 3極、4極、6極、または8極バージョン
  • 16Aから250Aまで
  • 赤または黒のアクチュエータ
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -20°C…+50°C
  • 承認。CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

床への取り付け

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Nockenschalter-Reparaturschalter-Bodenbefestigung-Achsverlaengerung-B-COMMAND
  • 3極、4極、6極、または8極バージョン
  • 16Aから250Aまで
  • 赤または黒のアクチュエータ
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -20°C…+50°C
  • 承認。CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

DIN-Normverteilung

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Nockenschalter-Reparaturschalter-DIN-Verteilung-Normausschnitt-B-COMMAND
  • 3極、4極、6極、または8極バージョン
  • 16Aから250Aまで
  • 赤または黒のアクチュエータ
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -20°C…+50°C
  • 承認。CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

住宅版

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Reparaturschalter-Gehäuseversion-B-COMMAND
  • 3極、4極、6極、または8極バージョン
  • 16Aから250Aまで
  • 赤または黒のアクチュエータ
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -20°C…+50°C
  • 承認。CE、UL、CSA、VDE、GL、DNV、LLoyd

エコライン

Hauptschalter-Lasttrennschalter-Nockenschalter-Reparaturschalter-ECO-LINE-B-COMMAND
  • 3極または4極バージョン</li
  • ハウジング内または取り付け用。
  • CEの承認</li
  • 侵入防御IP65(前面)
  • 使用温度 -25°C…+70°C
  • 10Aから100Aまで。

B-COMMANDサポート

何か質問はありますか?

スタッフはチャットやお問い合わせフォームで対応しておりますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

メッセージを送る

お問い合わせ先

B-COMMAND GmbH
Grützmühlenweg 46
22339 Hamburg
Deutschland

040 53 80 92 50
040 53 80 92 86

当社のソーシャルメディアチャンネルをフォローして、新製品の情報を入手してください。