Zustimmtaster-Zustimm-Bedieneinheit-Zustimmungstaster-Einbau-Zustimmschalter-ZA3

ハンドルに取り付け可能なスイッチとイネーブルスイッチ、3段式

1 つの働く接触
こぢんまりとした寸法
ゴムキャップなし

2つのワーキングコンタクト
0-2 補助接点
イエロー、ブラック、グレー

2つのワーキングコンタクト
Ø 16mm の取付け次元
イエロー、ブラック、グレー

2つのワーキングコンタクト
Ø 16mm の取付け次元
イエロー、ブラック、グレー

2つのワーキングコンタクト
2 補助接点
イエロー、ブラック、グレー

2つのワーキングコンタクト
Ø 16mm の取付け次元
イエロー、ブラック、グレー

2つのワーキングコンタクト
保護等級 IP 66
任意の緊急停止ボタン

3 段階動作 イネーブルスイッチ (IEC 60947-5-8)

当社のイネーブルスイッチの機能は、3段階または3つの位置に基づいています。動作接点は中間位置で作動します。この目的のために、私たちは設計側に明確に認識できる圧力ポイントを実装しました。パニックアクション/怪我の場合、操作者はしっかりと押すか(3段階目)、ハンドルを離すか(1段階目)のどちらかを選択します。どちらの場合も作動接点は無効化され、システムは停止します。そのため、第2段階は積極的に操作され、保持されなければなりません。主に危険区域内で機械やロボットをセットアップしたり、維持したりする場合に使用されます。

機械の安全なメンテナンスのための3段階機能

機械や産業プラントの危険区域では、メンテナンスや修理などのために保護装置を無効にする理由が常にあります。これは、作業員がプログラミング、テスト、またはサービス作業を行うために、これらの危険区域で直接作業をしなければならない場合にはいつでも意味があります。ここでは、通常の運転と手動による特別な運転の間にも区別がなされている。ほとんどの近代的な産業プラントでは、「通常の」運転は、ロボットなどの自動機能を意味します。ここで運転安全対策が有効になります。人が危険区域に入ったり、安全ドアが開いたりすると、これらは機械の停止につながります。

しかし、それは、それが来るのでしょうか…

新規設置
プロセス切り替え
誤り訂正
メンテナンス
プログラミング
…その場合は、通常の安全装置を取り外し、手動モードで機械を制御する必要があります。人や機器を損傷から保護するために、いわゆる有効化ボタンが使用されます。これは、通常操作の安全装置が無効化された場合、特別な操作でも個人の保護を確保するために追加の対策を講じる必要があるためです。これには、特に 3 段階の有効化スイッチが含まれます。

これらの使用は、これらの運転モードで保護装置が解除されるとすぐに、機械指令(付録1)に規定されています。指令書には、ここではロック可能な装置を使用しなければならないと記載されており、これは、第 2 の別個の動作によってのみ機械の動作を可能にする。したがって、危険区域内の作業者が機械を動かすことができる場合は、手動で操作する制御装置の形で有効化スイッチを確認しなければならない。危険区域内で作業する者は、必ずこの有効化装置を携帯しなければならない。

3段階イネーブルスイッチの仕組み

イネーブルスイッチの主な役割は、機械が制御不能または不測の動きをした場合に、人身事故や物的損害を防ぐことです。パニックに陥った場合、人はスイッチを強く押すか、完全に離すかのいずれかの方法で反応し、機械のスイッチを確実に切ることができます。

当社のイネーブルスイッチの機能は、3段階または3つのポジションに基づいています。いわゆるOFF-ON-OFF機能(3段階バージョン)は、国際規格で規定されています。

レベル1:ボタンはまだ押されていません。機械は、非アクティブ(オフ)になるか、または通常運転の安全機能が作動した状態で運転されます。
レベル 2: イネーブルスイッチの中間位置。この場合、ドアなどの分離安全装置を解除してメンテナンス作業や新しい設定ができるようにしている間、機械は運転します(オン)。
.

レベル 3: スイッチを強く押しすぎたり、押し通したりすると、機械は停止します(オフ)。このようにして、始動時に過剰反応が発生した場合、イネーブルスイッチはオペレータと危険区域にいる人を保護します。
.

作業接点は中間位置で作動します。このために、設計側には明確にわかるような押圧点を設けました。パニック状態に陥った場合、操作者はしっかりと押し下げるか(3段目)、ハンドルを離すか(1段目)のいずれかの操作を行います。どちらの場合も、作動接点は不活性化され、システムは停止します。したがって、第2段階は積極的に操作され、保持されなければなりません。メンテナンス、プログラミング、プロセス変更時には、通常の安全装置が停止している間、産業プラントの特別な手動操作が可能になります。したがって、イネーブルスイッチの使用は、主に危険区域内に機械やロボットを設置したり、メンテナンスしたりする場合に使用されます。

このように、3段階の動作原理は、感電や心臓発作などのショック状態にあるオペレータが、強く押すか、急に離すかのどちらかになるような人間工学的な観点に基づいています。

また、イネーブルスイッチのもう一つの安全要件は、ステップ3からステップ2の1へのリセット時に接点が閉じていないことであり、機械が一時的に作動しないようにすることである。

B-COMMANDの3ステップイネーブルスイッチには、以下のような特徴があります。

模範的なエルゴノミクス
低重量
軽くて安定した圧力ポイント
2つの作業回路(冗長
モニター機能の補助接点
操作しにくい
位置2(ON)から位置3(OFF)までの作動力は、中心圧と偏心圧が同じであることを確認してください。
ほとんどのイネーブルスイッチは、二重化されたスイッチング接点と二重化されたアクチュエータを備えています。両方の接点のスイッチング状態の偏差は、適切な回路によって故障として検出され、接点が損傷している可能性があるにもかかわらず、機械を運転停止させることができます。最適な操作性のために、第2位置から第3位置までの操作力は、偏心圧と中心圧の両方で全く同じになっています。さらに、10,000回目の操作でも必要な操作力はわずかに変化します。

同一軸と同一軸の圧力ダイアグラム

製造品質と信頼性はIEC 60947-5-8に準拠しています。
国際的な規制では3段イネーブルスイッチの使用が必要とされていますが、スイッチの操作力や寿命については何も規定されていませんでした。しかし、どちらも人間工学的に非常に重要です。すべてのB-COMMANDイネーブルスイッチは、長寿命と最大の安全性に特別な注意を払って設計され、テストされています。

IEC 60947-5-8指令の特別な要求事項が製品群の基礎となっています。すべてのイネーブルスイッチは、IEC 60947-5-8指令の仕様に基づいてテストされ、認証されています。

私たちの許可ボタンも有効にします。

危険区域での安全な作業
分離保護装置(安全ドアなど)が開いていたり、停止していたりするプロセスを観察します。これは、プロセスの変更や新規設置の場合などに重要です。
機械制御システムの過剰反応から危険地帯で作業しているオペレータと人を保護します。
人間工学に基づいた形状のハウジングによる快適な操作性

イネーブルスイッチの規格と承認

産業プラントの安全回路に組み込まれたイネーブルスイッチは、個人およびプラントの保護機能を持っています。そのため、機能の設計、プラントへの組み込み、設置は、機械指令と欧州規格に基づいて行わなければなりません。機械指令は、EU加盟国では国内法に移行されており、すべての製造者を拘束するものとなっています。イネーブルスイッチのようなスイッチに対する正確な要件は、EN 60947 Part 5-1 (低電圧スイッチギアおよび制御ギア-Part 5-1: 制御回路デバイスおよびスイッチング素子; 電気機械制御デバイス)で定義されています。これらの要求事項がすべて満たされているか、あるいはそれ以上の要求事項(耐久性と人間工学)を満たしている場合にのみ使用することができます。当社のイネーブルスイッチは、安全スイッチギアのすべての関連規格を満たしています。このようにして、お客様の機械を設計する際に、安全仕様に適合させることができます。

欧州規格

EN 60 204Sicherheit von Maschinen - Elektrische Ausrüstung von Maschinen
EN 775/ EN ISO 10218Industrieroboter; Sicherheit (ISO 10218:1992, modifiziert)
VDI 2853Sicherheitstechnische Anforderungen an Bau, Ausrüstung und Betrieb von Industrierobotern (zurückgezogen)
VDI 2854Sicherheitstechnische Anforderungen an automatisierte Fertigungssysteme

アメリカ基準

ANSI B11-TR3-2000Risk Assessment and Risk Reduction - A Guide to Estimate, Evaluate and Reduce Risks Associated with Machine Tools
NFPA 79 (2002)Electrical Standard for Industrial Machinery
OSHA 29 CFR 1910 / Subpart O / Subpart P / Subpart SMachinery and Machine Guarding Hand and Portable Power Tools and Other Hand

イネーブルスイッチの承認と規格の詳細

マニュアルスペシャルモード
調整やメンテナンス後にシステムの機能チェックを行う場合は、手動制御モードが適しています。システムの自動モードから手動モードへの移行は、例えば、壁ブラケットからイネーブルスイッチを取り外すことで行うことができます。このウォールブラケットは、ZB1およびZB2シリーズ用のアクセサリーとして提供しています。

操作者は、オプションでイネーブルスイッチに内蔵されたコントロールキーまたはファンクションキーを使用して、危険区域内でシステムを手動モードで制御することができます。

ポジティブブレークによる3段階の機能シーケンス
ほとんどのイネーブルスイッチでは、ポジティブブレーク接点が使用されており、これは、スイッチング接点が常に確実に絶縁されていることを保証する特別に設計されたスイッチング素子を説明しています。これは、接点が溶接されている場合にも適用されます。その場合でも、接続は作動力によって分離されます。

上図に示すように、同意機能はステップ2でのみ実現できます。これは、操作者の手動操作力によって、通常は開いている接点を閉じることによって達成されます。オペレータがパニック反応でボタンを離すと、スイッチがステージ2(オン)からステージ1(オフ)にジャンプして、通常開いている接点が再び開きます。

この時点までは、2段イネーブルスイッチと3段イネーブルスイッチも同様の機能を持っています。この違いは、操作者が強く押しすぎた場合、例えば痙攣や感電の場合などに明らかになります。2段イネーブルスイッチを危険地帯での特別な手動操作に使用する場合は、緊急時に近くの緊急停止装置(VDI 2853)を作動させることができるように、追加の操作要素を設けなければなりません。

さて、圧力ポイント(ステージ2)が過剰に押された場合(ステージ3>パニックの場合)、その違いは明らかになります。ここでは、通常開いている接点(S)がリセットされるだけでなく、安全な正圧駆動接点(Ö)も開きます。さらに、レベル3からレベル1へのリセット時には、レベル2の圧力ポイントではイネーブル機能は作動しないことが保証されています。これは、通常は開いている接点と正に駆動されている接点が同時に閉じられている場合にのみ、イネーブル機能を作動させることができるからである。これは、ステージ1からステージ2への動作時にのみ可能である。逆に、ステージ3からステージ1への操作では、ステージ2がスキップされるため、意図しない再起動が防止されます。制御装置がステージ1に到達すると、機能シーケンスを再起動することができる。

いくつかのイネーブルスイッチには、オプションの緊急停止スイッチを装備することもできます。

イネーブルスイッチの人間工学
当社のイネーブルスイッチの大きな利点は、長時間(生産工程を観察する場合など)でもバランスのとれた操作性にあります。軽量で人間工学に基づいたハウジング設計と、軽くて安定した圧点と摩耗の少ない接点により、長寿命とあらゆる状況での安全な操作が保証されています。親指だけでなく、複数の指で操作することができるため、長時間の使用でも操作力を維持することができます。

当社のイネーブルスイッチが一目でわかる

イネーブルスイッチZA1

Zustimmtaster-Zustimm-Bedieneinheit-Zustimmungstaster-Einbau-Zustimmschalter-ZA1

3 段階(OFF – ON – OFF)
入力デバイスの有効化ボタンとして最適
1ワーキングコンタクト(通常オープンコンタクト)
小判
強制開放
リセット中に接点が閉じない(レベル3 – レベル1)

イネーブルスイッチZA2

Zustimmtaster-Zustimm-Bedieneinheit-Zustimmungstaster-Einbau-Zustimmschalter-ZA2

3 段階(OFF – ON – OFF)
入力デバイスの有効化ボタンとして最適
2つの作業接点(切換接点
強制開放
リセット中に接点が閉じない(レベル3 – レベル1)
冗長接点構成は安全カテゴリ4を満たしています。
モニター機能の補助接点
ゴムキャップ付き IP65 >/li>

イネーブルスイッチZA3 / ZA5

Zustimmtaster-Zustimm-Bedieneinheit-Zustimmungstaster-Einbau-Zustimmschalter-ZA3-ZA5

取付寸法 Ø 16 mm
3 段階(OFF – ON – OFF)
入力デバイスの有効化ボタンとして最適
2つの作業接点(切換接点)
リセット中に接点が閉じない(レベル3 – レベル1)
冗長接点構成は安全カテゴリ4を満たしています。
ゴムキャップ付き IP65

イネーブルスイッチZA6

Zustimmtaster-Zustimm-Bedieneinheit-Zustimmungstaster-Einbau-Zustimmschalter-ZA6

3 段階(OFF – ON – OFF)
エルゴノミクスデザイン
2つのワーキングコンタクト
リセット中に接点が閉じない(レベル3→レベル1)
冗長接点構成は安全カテゴリ4を満たしています。
保護等級IP65

イネーブルスイッチZB1

ZB1 Aus-Ein-Aus Zustimmtaster mit Handgriff - ergonomisch, langlebig & mit Hilfskontakt (Öffner) ausgestattet, um Monitoring zu ermöglichen ✓ Sicherheitskategorie 4 mit Not-Aus

3 段階(OFF – ON – OFF)
危険区域のスイッチを有効にすることとして理想的
2つの動作接点(通常はオープン
強制開放
リセット中に接点が閉じない(レベル3 – レベル1)
冗長接点構成は安全カテゴリ4を満たしています。
1 補助接点(ブレーク接点
緊急時 – オプションのオフボタン
保護等級IP66
ロボット用途に特に適しています(ANSIロボティクス規格

イネーブルスイッチZB2

Aus-Ein-Aus Zustimmtaster ZB2 mit Handgriff ergonomisch, langlebig und mit Hilfskontakt (Öffner) ausgestattet, Not-Aus-Taster und Schlüsselschalter - Sicherheitskategorie 4

3 段階(OFF – ON – OFF)
エルゴノミクスデザイン
2つのワーキングコンタクト
リセット中に接点が閉じない(レベル3 – レベル1)
冗長化された接点構成は安全カテゴリ4を満たしています。
保護等級IP67まで
オプションのシグナルランプ >/li
オプションのボタンまたはキースイッチ
オプションの非常停止キノコボタン
ハンダ付け

B-COMMANDサポート

何か質問はありますか?

スタッフはチャットやお問い合わせフォームで対応しておりますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

メッセージを送る

お問い合わせ先

B-COMMAND GmbH
Grützmühlenweg 46
22339 Hamburg
Deutschland

040 53 80 92 50
040 53 80 92 86

当社のソーシャルメディアチャンネルをフォローして、新製品の情報を入手してください。