新闻中心

風車の精密位置信号用ロータリリミットスイッチ

Wind energy

世界中で風力エネルギーが普及するにつれ、風力タービンはますます強力になってきています。B-COMMANDでは、風力エネルギー分野の大手企業との強固な関係を築いてきました。この長年の伝統をもとに、お客様のニーズに合わせて製品を特化させてきました。この記事では、B-COMMANDのロータリリミットスイッチでエネルギー出力を最大化する方法を探っていきます。

風力タービンにはどのような製品がありますか?
風力タービンには様々なコンポーネントがありますが、B-COMMANDでは、ヨードライブ用のロータリリミットスイッチ、ピッチドライブ用のロータリリミットスイッチ、エンコーダやロータリリミットスイッチと併用するために特別に設計されたピニオンギアなど、いくつかの高度に専門化された製品を提供しています。

長年にわたり、ロータリリミットスイッチは風力発電の用途に使用されてきました。ここでは、2つの主要なアプリケーションをカバーすることができます。

ピッチ制御システム。

ロータリーリミットスイッチ

ピッチ制御システムの一部として、ロータリリミットスイッチがブレードの位置を非常に正確に測定します。ブレードのピッチを変更することで、回転速度と発電電力を調整することができ、これはブレードの効率に大きな影響を与えます。通常、リミットスイッチはギアリムに直接接続されているか(各ブレードには1つの独立したロータリーリミットスイッチが付いています)、または測定ピニオンを介してピッチモーターの駆動ピニオンに接続されています。

ヨーコントロールシステム。

ヨーコントロールシステムの一部として、ロータリリミットスイッチはナセルの動きを測定し、その位置信号をPLCに転送します。この情報は、風力発電機の風向センサーと組み合わせて使用され、風力発電機を風向に完全な状態に保ち、風向の変化を検知してナセルの位置を調整します。

さらに、リミットスイッチはケーブルのねじれを防止するために使用されます。ナセルの動きは2.5〜3回転に制限されているため、タワーにぶら下がっているケーブルがねじれから保護され、したがって、引き裂かれたり、損傷したりすることから。ギヤード式リミットスイッチ内の機械的接点は、左右の最大位置に調整され、基準位置に達すると作動します。

耐寒性、耐風性、耐雨性に優れています。
ピッチングリミットスイッチ風車は、風や天候などの過酷な環境条件に365日耐えなければなりません。風力発電機の多くは遠隔地やアクセスの難しい場所に設置されているため、風力発電機メーカーやサプライヤーは、すべての部品の無条件の信頼性と品質に頼っています。リミットスイッチは風車ナセル内で比較的保護された状態で配置されていますが、温度の変動、空気の湿度、場合によっては風荷重による機械的な要求が部品に影響を与えます。そのため、B-COMMANDでは、ガス、油、極端な温度変化に対する耐性を確保するために、環境に直接触れる材料を厳選しています。円周方向のゴムシールにより、埃や水からの保護が可能となり、保護等級IP66を問題なく達成することができます。PVCの代わりにポリウレタン断熱材に切り替えることで、当社の製品は-40℃までの温度に耐えることができます。これは、これらの製品の安全性と信頼性をさらに確保し、最小限のメンテナンスが必要とされることを保証するためです。

ヨーコントロールで最大限の効率を実現
ピニオンギア

風力発電機の最大効率を得るためには、風に垂直にロータを維持する必要があります。風に対してタービンをヨーイングすることで疲労負荷を軽減し、スイッチが回転を監視して各方向の終端位置を制限するため、すべてのコンポーネントの耐久性を向上させることができます。さらに、B-COMMANDでは、スイッチ内にさまざまなタイプのエンコーダを取り付けて、正確なヨー位置を監視することができます。エンコーダの種類にもよりますが、0.001°の精度を達成することができます。

B-COMMANDのスイッチは、外周のヨーベアリング、またはヨーコントロールエンジンのギアホイールのいずれかでピニオンギアで接続することができます。また、お客様のニーズに応じて、標準化されたソリューションやカスタムソリューションも提供しています。どのソリューションがお客様の製品に最適なのかわからない場合は、当社のカスタマーサービス担当者にお問い合わせいただくことをお勧めします。

Back to list